読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月のリスニング


Oren Ambarchi - Hubris, Pt. 1 [Editions Mego]

 


Mariah - 心臓の扉 (Shinzo No Tobira)

 

Various / Outro Tempo: Electronic And Contemporary Music From Brazil 1978-1992

80年代サンパウロで起こった前衛音楽ムーブメント発掘音源。アンビエント、ジャズフュージョンミニマリズムの要素を融合されたブラジリアンコンピレーション。

 

Jonny Nash / Eden

前作までのマンドリンは影を潜め、バリに滞在したときに影響を受けたと見られるガムランやゴングなどのオリエンタルな音色を多数フューチャーした意欲作。

 

Mariah  / うたかたの日々

清水靖晃を中心に結成された実験的ロックバンド 、MARIAHが1983年にリリースしたアルバム『うたかたの日々』。今回の再発にあたり、ドイツのDubplates and Masteringにてリマスターが施され、オリジナル盤と同じく45回転の2枚組で完全復刻。

 

Arca  / Arca

前作以来、1年半ぶりの新作。初めて自身の歌声を披露したアルバム。今回のアルバム今までの彼のアルバムで一番いい感じ。

 

加山雄三 feat. ECD, Punpee / 君といつまでも (Together Forever Mix) / お嫁においで 2015

生誕80周年を記念して加山雄三のREMIXアルバム『加山雄三の新世界』からのシングルカット。

 

Oren Ambarchi / Hubris

 

オーストラリアの前衛、Oren Ambarchiの最新作。今回の参加アーティストはJim O'Rourek, Ricardo Villalobos, Mark Fell, Keithfullerton Whitman, Arto Lindsay,等々と凄い。テクノ好きから音響好きまで推薦できる一枚!クソかっこいい!

f:id:papioK:20170418173224j:plainf:id:papioK:20170418173235j:plainf:id:papioK:20170418173245j:plain

f:id:papioK:20170418173252j:plainf:id:papioK:20170418173304j:plain